« 不思議な法改正(その1) | トップページ | 2007・あらためて問う。住宅業界!① »

2006年7月24日 (月)

不思議な法改正(その2)

今朝の新聞にこの「不思議な法改正」のテーマである『「建築基準法改正」が既得権者である一級建築士達の猛反発により・・・』結局オシャカになる?と書いてあった。他の国家資格に実施していない制度改革を、耐震偽装事件が有ったからといって建築士にだけ課すというのはいかがなものか?という事らしく、弁護士や医師などもやってないのに・・・とね。そりゃ当事者はそうだろう。国が定めた国家試験をクリアした訳だからな。解り易い。簡単過ぎる。今更選別されると困る奴が多い事を自ら暴露したわけか。中には「今更試験勉強なんかできるか・・・」ってストレートな意見(本音だろうなぁ)も有ったらしい・・・。ますます不思議な展開になってきたぜ。

とりあえず、オシャカになりそうな法改正でもせっかくだから、前回の続きを以下に書いておく。

「制度改革に伴い、高さ20メートルを超える鉄筋コンクリート造りの建物などの設計は、新試験に合格した1級建築士だけに許可するなど、業務範囲も見直す。」
(これが解らん・・・何か、桂離宮よりも六本木ヒルズの方を設計する方が大変だし偉いんだぞって感じするなあ・・・?)

素案ではまた、建築の構造、設備分野に新たに専門資格者制度を創設。新試験にパスした1級建築士だけが、これらの専門資格者を統括し、建物の設計で最高責任を負うという構想だ。
(いわゆる「特級建築士制度」やね。結論は。・・・今とどう違うんだい?ん??
オシャカ予定の法改正の概要は以上!

てな訳で、今更試験なんか・・・という気持ちもこの改正論から言えば出るわな。でも既得権者が単に自己保身に走っているだけなら悲しいな。日々実務で精進してりゃ実際に持っている資格なんだから、試験なんか怖くも無いはずだぜ。(それとも仕事と関係無く「資格名称」だけが欲しくて取ったんかい?)そこんとこはどうなんだい?

で、最後に私見を言わせていただく。
上の建築基準法の改正案を見て、今回のような事件が無くなると思う人!・・・?いらっしゃいますぅ?
業界でお仕事されている方なら・・・いらっしゃらないでしょうね。問題を減ったように見せるとしたら、表から見えにくくするだけ。原因は法律の欠陥を超えている。あの耐震偽装=今回の問題は「個人モラル」から始まり「関係者の法的責任」また「業界の同義的責任」もある。でも基本は「民営化の見切り発車に伴なう営利優先と、個々人の道徳の問題が一番だったんじゃねーの?」と私は思う。その1でコメントいただいたmatsuさんとも同意見だが、日々精進している人間だって大勢いるからこそ「一度取得すれば永久的に有効な資格」ということ事態が変・・・だと思う。これは弁護士や医師もそうだ。(だから医療ミスは無くならない?)法改正しても試験やらなくても何でもいいけど、そこんとこ、どうなんだい??ああ???

人気blogランキングへ

« 不思議な法改正(その1) | トップページ | 2007・あらためて問う。住宅業界!① »

コメント

トラックバックからジャンプして来ました。この度はコメントとトラックバックありがとうございました。

ちょっと違う資格の話ですが、AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)なんかは、民間資格の頃から、2年に1回の更新がありました。もっとも試験じゃなくて、継続教育の単位を資格の有効期限2年間の間に取る、というものですが。資格維持するのに、結構厳しいんだなー、と思った記憶があります。

建築士の更新制度も大いに結構なんじゃないでしょうか?宅建主任者にも更新はありますし、(試験に受かった人なら)簡単ですがテストもあるみたいですので。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122122/11082582

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議な法改正(その2):

« 不思議な法改正(その1) | トップページ | 2007・あらためて問う。住宅業界!① »

フォト
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ