« | トップページ

2011年9月 6日 (火)

地震の記録から学ぶこと

 1995年5月29日(月)読売新聞の記事に、前日に起きたロシア東部サハリン北部の大地震について、書かれていた
内容に今更ながら考えさせられます。
 前日のマグニチュード7.6規模の地震で多数の建物が崩壊し、死者1,989人に及ぶ被害が発生したサハリン大地震は、あの阪神大震災の約5カ月程後です。
Shinbunjishin_2 
 しかし、阪神とは地震発生のメカニズムが異なり、北米とユーラシアふたつのプレートの境界の活発化を懸念している部分が掲載されています。
 この図と記事をよく読み取ると、その後に起きる中越や岩手内陸の震災から、今年3月11日の東日本大震災や、津波災害を想定できなくもないのかと、歴史に学ぶ重要性を感じます。

« | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122122/52662576

この記事へのトラックバック一覧です: 地震の記録から学ぶこと:

« | トップページ

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ