2009年7月27日 (月)

温水洗浄便座のニュースがねえ・・・

洗浄便座で細菌繁殖も、尻に病気の人ご注意
7月26日3時6分配信 読売新聞

ちょっと待った!この記事・・・

「温水洗浄便座の温水タンク内では細菌が繁殖しやすいことが、東海大学の松木秀明教授と片野秀樹研究員(公衆衛生学)らの調査でわかった。加温によって、水道水に含まれる殺菌用の塩素が蒸発するためらしい。一部からは大腸菌群や感染症の原因となる緑膿(りょくのう)菌も見つ かり、松木教授は「健康なら問題ないが、おしりなどに病気のある人は注意が必要だ」としている。
温水洗浄便座は清潔志向の高まりから普及が進み、今年3月の内閣府消費動向調査によると、世帯普及率は69%に達している。研究グループは、神奈川県内の民家80か所、公共施設28か所で温水洗浄便座の局部洗浄水を採取した。民家では水道の水質基準の平均31倍、公共施設では10倍の一般細菌を検出。民家では4か所から大腸菌群が見つかり、うち1か所では緑膿菌も確認された。
温水タンクには清浄な水道水が取り込まれ、密閉型で外気に触れないことから、細菌は繁殖しないとされてきた。だが実際には、水道水を約 30~40度に温めるため塩素が蒸発し、ノズルのすき間などから侵入した細菌は、温かいことから増えやすいものと推測された。民家の汚染 度が高いのは使用頻度が少なく、タンクの水があまり入れ替わらないためと考えられるという。 」


以上・・・昨日の、ヨミウリオンライン より。

ちょっと待った!この記事・・・文句言わせてもらいます。(ご無沙汰してます。)
温水洗浄便座って、温水の供給方式の違いで「貯湯式」「瞬間式」という2つの方式があったはずです。
あらかじめヒーターで温めておいたお湯を、専用タンクに貯めて使用時に供給するやつと、使用時に水を瞬間的に温めて供給するやつの違いです。
一長一短あるとは思ってましたが、この記事にそれらが一切記述されていません。なのに「タンクの水があまり入れ替わらないため・・・」という記述しか見当たりません。
69%の世帯普及率なのに、供給方式の違いがあるのを知らない方は不安になると思います。

これらの違いを踏まえたうえで「細菌繁殖」の記事なのか?公的なメディアなら、せめてそのくらい確認して書いてほしいものです。

2008年8月27日 (水)

住んでるよ・・・たぶん

歩いて、たまに目を引く家があります。
何が目を引くって? それは、家全体を覆う植物痕と対照的な
新しい給湯器」ですね。
いやあ~すごいっ。こりゃ人は住んで無いだろ。。。なんて思うと・・・
甘い甘い。typhoon
もちろん専門的観点からだと、建物の維持管理上は到底勧められない状態ですが、いろんな家があるという点で、この程度なら何とか住めるという証でしょう。
この手の蔦が覆うような家をたまに見かけますが、皆一様に「後は朽果てるだけ」みたくなっていますね。でも、せっかくだからクリスマスあたりに装飾してみて、夜と昼との落差を楽しむのも結構良いかもしれない・・・なんて。無理かな。rain
Tuta
ちなみに、東京都都市計画局の危険度測定調査では、このエリアはすぐ近くに大型施設と幹線道路があり、地盤も良好なことで「火災危険度3」以外、避難、建物倒壊とも問題無いという結果(数字が高いほど危険)の場所とされています。

植物は活き活きしている時は燃えにくいが、これはどうかな・・・

2008年7月21日 (月)

中古住宅と既存住宅の違いに思うところ

「既存住宅」というと「聞き慣れないなあ」と思われる方も多いかと思います。
まあ、簡単に中古住宅と同じようなと言ってもよいのでしょうが、中古というと一般的に「新築の完成時から一年以上経過した建物や、人が住んだことがある建物」など、「不動産売買など流通時に使用」されることが多いと思います。

それに対しこの「既存住宅」というのは、住宅品確法上の「新築住宅以外の住宅」をいいます。
??中古住宅と同じようなのですが、なぜ表現を変えたのか、住宅品確法の「既存住宅に係る住宅性能表示制度」の項、制度の概要から読み解くとこんな感じでしょうか。
「既存住宅の売買、リフォーム、維持管理等に際して、消費者の判断の目安となる情報が提供されるよう、既存住宅の現況・性能に関して専門家が客観的な検査・評価を行う制度である。」との部分。

そうです!・・・明記されているように売買のみならず、リフォーム、維持管理等に際して目安になる情報提供が得られるように・・・とされているため、「中古」が流通言葉を喚起させるなら、表現を区別する必要があったのでしょう。
法律で明記されている以上、中古ではなく「既存住宅」が正しい表現とも言えます。

ただ実際、こんな風に、専門家が客観的に家を診断してくれる制度なんて、なかなか利用されていないようです。公的な検査まで必要なくても、とりあえず建物の状態は知りたいものですよね。
そこで!!(手前味噌なようで恐縮ですが)
今年、住宅の専門家数名で組合を設立・参加し「住まいの診断はじめの一歩」というのを始めました。
無料セルフ診断できるコーナーもあります。(木造2階建て専用です)
現在、すでに建っている住宅の性能が、簡単且つ、大まかですが点数化されます。

住宅診断のイロハ・・・建物調査・診断の前に、最初に立ち寄るサイトとして、楽しんでいただければ幸いです!!

2008年7月19日 (土)

今現在すでに建っている住宅を「既存住宅」と呼びます

ある本を読んでいたら、ブログは毎日更新すべしと書いてありました。「そうでないと逆効果・・・」と。これは大事件です。coldsweats02

そこで、久しぶりにブログを更新したいと思います。
(基本的に、意味を分かっていない私)bleah


まあ、基本的に便利市場・文句市場であって、業者の独り善がりですから。
それでも、何かお役に立てそうな内容もチラホラありますので、寄って行っていただければ幸いです。

本日はまず、ここ数ヶ月の間続発している大地震と、それらで亡くなられた方や被害に遭われた方々に、心より哀悼の意を申し上げたいと思います。
このブログでは、以前から(例えば05年8月など)度々、地震対策や心構えみたいな事を書いてきました。また、私自身が住宅のリフォーム設計を中心に手掛けながら、ある第三者機関で既存住宅の性能評価や検査を行うという、一般の建築家っぽい設計事務所主宰者とは毛色が異なるため、どうしても「今現在すでに建っている住宅」ばかりに目がいく傾向があります。この今現在すでに建っている・・・といのは、いわゆる「中古住宅」とも言えますが、言葉の意味として厳密には異なります。それはまた後日・・・

そんなこんなで、一回のセンテンスを短くして、出来るだけ多くブログ化していきたいと思います。仕事のホームページともリンクしていますので、たまに読んでいただければ幸いです。
では。

2008年4月 1日 (火)

シロアリが役に立つ日?

08年4月1日の時事通信の記事。「シロアリの細菌で燃料開発へ」
驚きましたね。エイプリルフールかと思いました。
私は住宅のリフォーム設計・監理という仕事柄、木造住宅の調査・診断をよく依頼されます。
重要な調査項目のひとつに、木材の蟻害・腐朽の有無というのがあります。シロアリさんのは「蟻害(ぎがい)」という呼び方していますが、建物の耐久性・強度に影響を与えてしますので、要注意です。Photo_3
たまに出くわすのが、左の写真にあるような被害です。私は蟻の専門家ではありませんが、主なのはヤマトシロアリで、ほぼ全国的にいるようです。イエシロアリというのが西日本中心で、アメリカカンザイシロアリなどという、いかにも港から上がってきたような、黒船的なヤツもいるようです。

下の写真は合板を食べていました。ヤマトの方だと思います。私の活動圏内でよく見かけるやつですね。Photo_4

まあ驚いたのはこの記事。 
(4月1日:時事通信)

シロアリの腸内には十数種の原生生物と数百種の細菌が共生し、栄養が少ない木を食べて生きていると考えられるが、理化学研究所の研究チームが1日までに、この細菌の1種の全遺伝情報(ゲノム)を世界で初めて完全に解読し、アミノ酸やビタミン類を合成していることを明らかにした。論文は米科学アカデミー紀要の電子版に掲載される。
シロアリが高い効率で木を分解する仕組みの解明が進めば、木材や食料にできないバイオマスをバイオ燃料に変える技術開発に役立つという。 

良いですね。
ぱっとイメージしたのは、廃材になった木材の山に、おびただしい数のシロアリさん達がいてバリバリ食べている姿。そして、その下に蛇口かなんかが有って、ひねるとガソリンみたいのが出てくる・・・という映像でした。coldsweats01
おそらく、現実的には全然違うんだと思いますが、そんな感じしか浮かびませんでした(笑)

仕事中たまに「シロアリも生きているんだなぁ」という、妙な気分になったことがあります。駆除される立場になる前に、是非、バイオ燃料を創る立場になって欲しいものです。

シロアリさんの活動時期は、今日から4月ですからそろそろです。羽アリさんの大量発生(ある日いっせいに飛び立つ)などがあれば、要チェックです。だいたいゴールデンウィークあたりがピークでしょうか。(多くの人間が休暇を楽しむ頃に働き者なのです)
ちなみに、羽が有るアリが必ずしも「シロアリ」とは限りません。腰のくびれとか見分け方がありますので焦らず!要注意です。何でもかんでもシロアリって脅かす業者もいるようですから、気をつけましょう。

2007年6月24日 (日)

「特定住宅瑕疵担保責任履行確保法」(長い名前ですね)

私は「血圧」が高いんです。最近、朝一番にオムロンの血圧計でマメに計測しているのですが、朝刊とか読みながら測っていると「何だコリャ?」という記事が目に入ります。その時は最高・最低ともに恐ろしい数字になったりして、人間って繊細だなあ・と思いますね。
そんなこんなで、文句言うのもご無沙汰していまいました。(笑
最近の「偽装コロッケ」も凄いですが、やはり「偽装の結果で法律まで制定された」対処療法チックな「特定住宅瑕疵担保責任履行確保法」は外せないでしょう。

もう1ヶ月になるので、周知されてきましたでしょうか制定されましたよ「特定住宅瑕疵担保責任履行確保法」が。
2006年2月21日に私がブログ 「緊急!! こりゃヤバイ」書いていた文句が、現実に法制化されたわけですね。
しかし、さすが・・・というか国交省は優秀な人が多いから、当初懸念された業者への保険強制加入だけではなく、うまくまとめてあると思います。
これから新築を考えている皆さん、同業者の皆さん「特定住宅瑕疵担保責任履行確保法」PDFをプリントしましょう!あまりにも見事な「バラ色の結論」に至っています。本当にこうなればいいでしょうね。(笑)
巷の住宅検査・第三者機関も「検査需要が増える」と鼻息が荒いようですから、くれぐれも「単にユーザー側の負担だけ増える→実は変化無し・・・」なんて結果にならぬよう、見極めていきましょう。
ちなみに2021年秋までに施行らしいからこれから新築する人は要チェックです。また、新築需要が伸び悩む中、いろいろ面倒な法改正が増えたので「もう新築は旨くねえから、オイラもリフォームでもやっか~」なんて業者の方が増えるかもしれませんね。その際は是非ご一報ください。
「必ずお客様に満足いただけるリフォーム方法」を幣事務所がこっそり、有料でお伝えします。(笑)

2007年4月19日 (木)

壁紙のアスベスト

最近、アスベストのことが沈静化してきたのか?・・・近所では古いビルなどが、次々と解体工事に入っているのに、マスコミさんたちも静かなものです。
そこで!久しぶりにアスベストについてふれます。1年半以上前になりますが「石膏ボードにもアスベスト」という文章を書きました。しばらく反響があり「仕上げ材は?」など聞かれることもありました。
当然、時期こそバラバラですが壁紙やキッチンパネル、ビニール床タイルなどにも含まれていたのです・・・。

ただ・・・以前にも書きましたが順次、有害性が高いアモサイト、クロシドライトは1995年4月に法的に禁止になり、それ以外についても2004年10月1日から輸入・製造・使用が禁止となりました。(代替困難なものは除かれています)
壁紙については、1970年から1987年まで「アスベスト壁紙」「無機質壁紙」という名称で、当時は「適法」に製造・販売されていたようです。ようするに壁紙の場合は、アスベストが熱に強いため「不燃認定」がポイントだったわけですね。
主に裏紙使用で、仕上げ面にアスベストが付着しているタイプは無かったと思います。削ったり剥がす時に気をつけるくらいで、一般使用時に必要以上神経質になることはありません。

他の非飛散性アスベスト成形板同様、いわゆる「解体時要注意」ということです。
ただ・・・近所でこんな解体(写真)している建物がありましたが、結構背筋、凍りますね!(オォ・・・さぶ~っ) Kaitai1・・・写真の虹は綺麗です~不思議な感じでした・・・
ちなみに現在の壁紙には、アスベスト使用は当然ありません。

アスベスト含有壁紙の確認方法などについては、日本壁装協会のHPから入ってTOPからNEWを下がってください。もっと詳細に教えてくれています。

人気blogランキングへ

2007年4月 8日 (日)

いい住まいを造る方法?

この仕事をしていると、たまに「自分の家を建てるとしたら、田村さんならどこに頼みます?ハウスメーカーが安全ですかね?」なんて恐ろしい質問を受ける ことがあります。

えっ?
なぜそれが「恐ろしい質問」かって?それはですねえ・・・話が長くなるので端折らさせてもらいます。(笑)

まあ簡単に言えば「家は建つ場所や住む人・要求される条件によって、良し悪しが相反する」結果になってしまうことがあるからです。(例えばいくら重量鉄骨3階建てが良いと思っても、敷地前道路にクレーン車が入らないようでは、ほぼ不可能ですよね)
まず「建物ありき」だけで入ることは、専門的立場からは考えられない事と・・・把握していただければよいでしょうか。

私は、
自分にとって本当に「いい住まい」を求めるためには、求める側にも努力(手間?)が必要ではないか?ということを常々思っています。
以前「色彩計画とウィンドウスタイリング」をさせていただいた、日本に暮らすスコットランド人のことを例に出しますと、彼らは2年掛かりで自宅を、自分にとって心地良い空間にしようと奮闘中でした。リフォームであったとはいえ、専門性が必要なところは専門家の力を借り、あくまで自分達の心地よさを追求している姿は、以前に書きました「住宅展示場」での出来事とは180度異なり、全く正反対の印象を受けました。

どちらがいいか?と聞かれれば、答えは人により異なるでしょう。スコットランド人施主も「私はただ、居心地の良い空間が欲しいだけです」とおっしゃっていましたから。 (興味のある方、私の事務所のHPに事例がありますのでどうぞ)

あえて言うとしたら、家はいろんな意味でそこに住む人の人生に大きな影響を与えます。家電や車でも、かなり研究や試乗したりして購入されるでしょうから、あらゆる手段を使って「いい住まいにする努力(手間?気力?)を惜しまないこと」が、家造りのスタートラインではないでしょうか。
人気blogランキングへ

2007年1月17日 (水)

2007・あらためて問う。住宅業界!②

1995年1月17日早朝、阪神・淡路大震災。
その一年前に、アメリカ・ロサンゼルス大地震があった。ロサンゼルス大地震は、マグニチュード6.8・死者61人。私の記憶では、TVで日本の建築の専門家らしき人物が、ロサンゼルスの高速道路の倒壊している映像を見ながら、「日本の建築基準法は世界で一番厳しいから、こんな風に高速道路が倒壊することは考えられない・・・」というような事を言っていたのを記憶している。
私はその時、何の疑いもなく安心したのを覚えている。

そして一年後の同じ1月17日、阪神・淡路大震災が起こった。
当然、誰もその日にあの場所で、あんな大地震が起こるとは予測出来なかったであろう。だから今になって前述の専門家の意見をどうこうとか、誰も何も言えないし、意味も無いことだ。

問題なのは、それら「虚空の安心」を信じきった私だった。自分自身の中の、疑いもなく安心しきっていた自分を悔いた。
大倒壊した阪神高速と燃え盛る街。水の出ないホースを持ちながら何事か叫ぶ消防士。あっという間に倒壊した家屋、叫び声にサイレンの音・・・
何にも出来ない自分と、離れた所で起こっている現実。
現地が多少関係あるエリアだったけに、何もできない自分に正直「情けなかった」

大学の建築学科の試験や、建築士の試験は難しい。日本は地震国だから、厳しい試験を突破し経験を積んだ専門家が大勢いる。
立派な建設会社や住宅メーカーが林立している。
それなのに・・あまりにも脆い住宅の多さに、私には阪神の光景は異常なものに思えた。
理論だけでは説明出来ないのでは?まさか、建築行政の中で住宅というのは、後回しにされているのでは?と疑ってやまなかった。

最近、巷では「耐震偽装」の話も下火になったのか?静かになった。各種法律も結果、多少の改正となって落ち着きそうだ。
木造の筋交い不足で騒いだディベロッパーの話も、その後の顛末は年末に小さく新聞記事になっていただけだった。
ついこの間も新潟中越地震があったのに、震災の話題はいつぞや・・・新聞も何も大きく取り上げてはくれない。
しかし、私の脳裏からあの頃の出来事が離れることは無く、また1月17日を迎えた。
同じ建築などと、関係のある仕事をしていながら常に問い掛け、自問自答してしまう・・・「俺に何ができるか・・・しょせん・・・」

ただ、この12年でひとつ確信した事がある。「理論と実践・現実の安全と結び繋げる最後の砦は、人間が介在する事」だということだ。
理屈を超えた情熱で「人間が人間の住む家を創っていく」。重い仕事なのだという自覚をすれば、少しはマシな住宅が増やせるのかも?と、少ない脳味噌を日々絞っている。

2007年1月 8日 (月)

住宅展示場

スゴイ・・・現地に行ってみたら来場者へのプレゼントイベント ・・・ホントに凄いぜ!
巷では正月と、この3連休は「住宅販売合戦」の様相を呈していた。マンションやら住み替えのチラシが中心となり、「新年だから!何か新しいことを!(ここらで住宅!)というノリやね。中にはイノシシ歳だから、「まっしぐら!」なんて面白いチラシもあったから、ちょっと潜り込んできた。 Tenji

それと・・・実は、最近私の仕事を知ってか否か、平気で「家をハウスメーカーで建てるとしたら、田村さんならどこのメーカーがお勧めですか?詳しいって聞いたんですけど・・・」って知り合いの知り合い・・・という人からたびたび聞かれる事があった。俺はどんな仕事やってるのか理解されていない・・・ショック;)と思いながら、「そうですねえ・・・」と答えていたのだ。
だから、私も住宅には興味を持つ個人として、普段の仕事以外で最近のハウスメーカーの意見も聞いてみたかったのだ。結果、ほとんどは以前から相変らずの商法だった。「他社との差別化が中心」「見てくれ重視」「坪単価の説明は建築価格」 (これは意外と重要。「引渡し価格」でものを言う営業担当はほとんどいない。建物の坪単価と、インフラを含んだ引渡し価格が大きく異なる場合はトラブルの基!)
ハッキリ言って、目新しいものはほとんど無かった。ほんの少し違ったのは リフォームを巻き込んでいる会社が意外とあった 団塊にターゲットを絞っている会社が出てきた 建築家風の対応を意識した会社が増えた・・・ってとこだろうか?特に①は特筆だ。15年くらい前は「リフォーム」っていうと部外者って感じだったようなので、時勢とはいえ、その辺は変わってきたものだと思う。また、2世帯仕様のモデルハウスと来場者が多いと感じたのも時勢だろうね。

最後にひとつ余計なこと言わせてほしい。各社さんあんまり、断熱・断熱言うなよ。マジで完璧な断熱やろうと思ったら、相当施工は難しいぜ。そんでもって「北欧クラスの断熱性能のため、窓は開けない設定になっている・・・」っつーのは・・・やめようよ。。。(‐-;)。。ここは日本だぜ ふう・・・

フォト
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ